カテゴリー別アーカイブ: 歯医者について

銀座井出デンタルクリニックブログ

良き歯科医とは?

私がオフィスを銀座に移転して10年がたちました。

今月2回目の更新を迎え11年目に突入しました。

何で歯科医院の多い銀座で(380件ほどあります)と聞かれますが理由は2つです。

1)交通のアクセスが良い
2)本来銀座日本橋界隈はお江戸のころからの老舗のエリアです。

老舗は本道を歩んでいるということです。

私も歯科医として常に本道を歩んでいたいからです。

今風のインプラントと予防で経営を成り立たせて歯科医院ではありません。

歯科の様様な治療を受け不具合を抱えた患者さんの治療がほとんどです。

先日来院された患者さんは全ての歯にセラミックの被せものが入っていました。

色々な症状を主訴として訴えられました。

全てを整えるために、全身の問題を解決しながら歯科的な問題も解決し、最終的に被せもの総とっかえです!

患者さんの心情を考えるとうんざりします。
 
こんな状況の患者さんが多数います。

何故このような状況になるのか?

多くの歯科医は歯と歯肉しか見ていません。

医科と歯科に分かれているからです!

でも体全体の中では医科も歯科も関係ありません!

その患者さんの体は一つだけですから。

胃の具合が悪くて医科に行った場合、いきなり胃をオペすることはあり得ません。

ところが歯の具合が悪くて歯科に行くといきなり歯を削り始めます。

歯ですから虫歯の概念しかないからです!
ここでほとんど最初の出発点が違ってきます。

最初の診断が異なってきます。

診断というのは目で見るだけでなく、医者の知識と知能と五感を駆使して頭で考えるということです!

目で見えるものは誰にも見えます。

目に見えないものを診るのが大切だと思います!

井出徹ブログ

60にして立つ

今までこじんまりとひっそりと自分の城の中で自分が信ずる歯科治療を行ってきました。

また昨年10月に私の名前で歯科の本を出版することもできました。
夢のような出来事でした。

でもまだ私の信ずる歯科世の中に浸透していません!
本ではかけないことも多々ありました。

私は歯科医として怒っています。医科ではまずありませんが歯科も医療です。

ところが歯科の世の中は私の知らないうちにがらりと変わりました。
医療は決して患者さんを食い物にしてはいけないと思っています。
まず患者さんありき次いで診断!次いで治療です。
歯科の場合はまずお金ありきです。(特にインプラントの出現により)

私の耳に色々な患者さんから信じいられない話、私のまともな歯科の仲間からも
良い医者は?良い歯医者は?と質問されます。

私は思います。きちっと患者さんに挨拶ができるか?きちっと目を見てお話ができるか?
ここが大事だと思います。

これができる医療者はきちっと勉強しているまともな人間です。

歯科を通して種々雑多な事を書き連ねて行こうと思います。