カテゴリー別アーカイブ: 食いしばりについて

噛み締め症候群と五郎丸くん

皆様、新年明けましておめでとうございます。

今年はもっと沢山の皆様に「噛み締め症候群」を知って頂こうと考えています。

昨年話題となった全日本ラクビーの五郎丸くん、イケメンでカッコ良く時の人と成りました。
歯科医の立場から、五郎丸くんを含めた選手を絶賛したいと思います。

彼らは絶対に噛み締めていません!

何故なら左右の肩がなで肩でキチット肩が開いています。

噛み締めていない為、顔全体が明るく、それでいてオチャラケテいません。

物凄く凛々しく感じます。

姿勢が素晴らしく良いのです!

スクラムを組む時にもし猫背であれば相手に簡単つぶされます。

ラクビーは科学で練習しているのが私には直ぐ理解できました。

ある人が言っていました。

サッカー選手は故障もするし怪我もする。
ところがラクビー選手は怪我はするが故障はしないと!

噛み締め症候群でない人間の身体は、キチットとした姿勢を保ち、顔は凛々しく、常に前向きな思考を保ちます。

姿勢が良いとキチッとした鼻呼吸をし、血流とリンパの流れで身体全体酸素が行き渡り、家の外に出て良く動き、良く食べ、その結果脳内のセロトニンは活性化され心身共に健康であり続けるのです。

噛み締め症候群は、身体全体の問題なのです!

(喰いしばり、噛みしめ、クレンチング、TCH)NO1

TCH■NO.1噛みしめ症候群喰いしばり、噛みしめ、クレンチング

私が患者さんと向き合い始めて、早30年以上たちます。

20代後半から30代前半にかけて歯科は完璧なテクニカルが制すると思い、根の治療、歯周治療、補綴治療などと完璧さを求めて精進していました。

ところが。30代後半からどこで聞きつけたか、
「歯が全部あるのに噛めない」「虫歯でもなんでもないのに歯が痛い」とか「他院にて歯科治療を受けてから体調が思わしくない」とか、歯科のテクニカルをもってしても改善できない患者さんが知らないうちに多数を占めるようになりました。

当然、先輩の歯科医や大学教授や色々な先生に質問を浴びせましたが、誰一人として私が納得できる答えに巡りあうことができませんでした。

ただ目の前にこのような問題で悩んでいる患者さんが多数いると言う事実だけがありました。

そのころTMDと言う言葉を初めて目にしました。

それから20年経った今歯科の諸問題がどうして引き起こされ、そしてどんな治療をしていくのかはほとんど理解できるようになりました。

TMDの本の中に重要な事が書かれています。

上下の歯が接触するのは咀嚼サイクルの最後の瞬間と嚥下の時だけで、これ以外の時には歯が接触しないのがふつうです、もしそれ以外の時に上下の歯が接触しているならば、それは食いしばり、噛みしめ、クレンチング、TCH(どれも同じ意味合いの言葉です)があるという事なので、直ちにやめなければいけません。

何故なら、喰いしばりは歯や歯周組織、顎関節、筋肉に大きな負担を強い、痛みの原因になるからです!

そして、歯を離しておくための方法として「唇を閉じて、奥歯を離し、顔の力を抜く」という簡単なフレーズを患者さんに教えます。

現実的にはこれだけでは治りませんが、様々な本で紹介されており(TMDのマントラ)と呼ばれています。

最近では神経内科でも、緊張型頭痛に対する生活指導として取り入れられています。

食いしばりは持続的に200kgの力が歯、歯周組織、顎関節、頭蓋頸部を支持する筋肉に加わります。

このTMD関連の本は、歯科界にすでに数十冊も出版されています。

20年前のお話です!